滋賀県彦根市の英会話&空手教室。講師の経験量と授業の質が物語る継続率の高さ 生徒さんの活躍や実績がわたしたちの誇りです。 滋賀県彦根の英会話&空手教室 | ブラックベルトイングリッシュ
ブラックベルト・イングリッシュの授業風景
見学や体験レッスン受付中です

わたしたち夫婦が、日本で空手道場&英会話スクールを始めた理由

さて、ここまでお読みくださったあなたは、「なぜ、アメリカ人が日本で空手を教えているのか?」と、少し不思議に感じているかもしれません。

ここで少し、私達が日本で空手教室・英会話教室を開く事になった経緯をお話ししましょう。

私(夫のロバート)と妻の智恵は、滋賀県彦根市の英会話スクールで英会話講師を勤めた後、私の故郷であるアメリカへ移住しました。

アメリカの大学では10年間勤務しました。ステューデントライフ課という部署に勤めながら、体育科で空手を指導したり、人文科でイングリッシュライティングの指導を行うなどしました。そんな教育活動の傍ら、数冊の執筆活動・出版活動も行いました。

また、武道教本(5冊)の出版に携わり、教本中のモデルとしても掲載されました。

そうした活動の中、世界各国から来た学生を教えると共に、私達も(英語を第2言語とする彼等から)多くの事を学びました。そこで感じたことは、語学の習得は自分の可能性を限りなく広げてくれるという事と、行動を伴うレッスンこそが語学習得の一番の早道であるということです。

実をいうと、生粋の彦根人である妻の智恵は、高校時代英語は得意科目であったにもかかわらず、英会話の方は全くダメ。

高校卒業後、語学留学のために渡米。でも残念な事に「英語をマスターする」事を目的とした語学学校では、ある程度の事は英語で表現出来るものの、『ネイティブの人と英語でお喋りに盛り上がる』というレベルには達せず、寂しい思いを何度もしました。

そして、『地元の人と同じ環境で、コスメトロジー(美容学)を学ぶと、英語が必然的に身に付くのではないか?それが上手く行ったら、美容師の免許を修得し、アメリカで働いてみよう!』と考え、現地(ユタ州)の理・美容学校へ入学してしまったのです。

それまでどんなに苦労して英会話を覚えようとしても、全く話せるようにならなかった智恵が、英語というものを「覚えなければならない対象」から「自分の目標をかなえてくれるツール」という風に考え方を変えた途端、英会話のスキルがめきめきと上達していったのです。そして、努力の結果ユタ州の理・美容師免許を修得、ソルトレイクシティーにあるサロンにてネイティブを相手に仕事をしました。

その経験を通して、『英語はマスターすること自体が目的なのではなく、マスターする事によって得られる物があるからこそ、英語を学ぶ。それこそが、語学習得を実現する秘訣なのだ!』ということを確信したのです。

「英語を話せるようになる」という事は、目的ではなく手段のはずです。

しかしながら、日本の学校教育をはじめとする英語教育は、英語をマスターする事こそが目的となってしまい、英語をモノにした後に待っている世界については一切触れられて来ませんでした。

アメリカ人である私にとって、英語は『コミュニケーションの手段』という風に見ています。

そして、空手家である私が、大好きな日本の皆様と「稽古をする喜び」をシェアしながら、英語でコミュニケーションを取り合う事が出来れば、これほどの喜びは無いと思います。又、あなたや、あなたのお子さんが「(楽しい空手を教えてくれる)先生とコミュニケーションを取りたい、先生の言う事を理解したい!」という情熱を持って参加すると、まさに、『文武両道』です。

又、英会話コースでは、『智恵が英会話をマスターするまでに歩んできた経験』と、私が開発した『英会話を効率よく身につけるためのメソッド』の両輪を軸としています。

主にキッズ向けの「ゲームを通して英語を学ぶコース---プレイ&トーク」や、主に大人向き、生活密着型の「英会話4YOUコース」も、「楽しみながら英語を効率よく学んでもらうためには、何を触媒とすれば良いか?」を考えに考え抜いた結果に生まれました。

だからこそ、私達は、わたしたちの英会話コースにも自信を持っているのです。

 

講師プロフィール紹介

ブラックベルトイングリッシュで講師を担当している2人についてご紹介します。

講師:ロバートノット(アメリカ・ノースカロライナ出身)

ブラックベルトイングリッシュ専任講師。 

1971年生まれ
アメリカ・ノースカロライナ州出身。
フロリダ州立大学 大学院卒。
空手道歴34年、7段(教士)。

父親が大学学長の教育一家に生まれる。

幼い頃から日本が好きで「前世は日本人だったのではないか?」と父に疑われていた事もあるが、幼少の頃は落ち着きが無く6歳の頃より空手道場に入門をさせられる。しかし幼いロバートにとって「相手を打ち負かす」事に重点を置いていたその『スポーツ空手道場』は苦痛の種でしかなく、挫折寸前になる。ところが、13歳の頃両親の転勤がきっかで、引っ越し先の道場にて自然流武道に出会う。

そこでは、
・相手を『やっつける』のではなく、『やっつけられない』自分を育む
・自分も、他人も大切にする
・肉体の運動を通して精神を強くする事が空手の目的

という武道の心に感銘を受け、これからの指針とする。
大学院卒業後は、アメリカにて大学教員(英語科)を務める傍ら治安改善に努めるために警察官等のトレーニングを受け、大学の警備部の所長にも就任する。空手を英語で学べるブラックベルトイングリッシュ道場では、空手家としての自分と、教育者としての経験を終結させ 生徒一人ひとりの実力(良い所)を引き出す事を喜びとしている。

 

ロバートからみなさんへ

Hello!ブラックベルトイングリッシュのロバートです。

幼い頃から日本が好きで、「前世は、日本人だったのではないか?」と父に言われる程、強く日本に憧れていました。そして、6歳の頃より近所の空手教室に通いはじめました。

でも、幼い自分にとって、大人と(ヘビーなコンタクトで)組み手をしたり、「相手を打ち負かす」事に重点を置いているスポーツ空手は苦痛の種でしかなく、挫折寸前になりました。

でも、そんな時、引越しがきっかけで自然流武道に出会ったのです。

自然流武道は、今までの空手教室とは全く違っていて、先ず武道の心―

「相手を負かすのではなく、相手に負けない自分を育む事。」

「己も他も敬う事」

「技の鍛錬と同時に内面の充実」

を示されました。

子供ながらにしてその概念に感動し、強く魅かれたのを鮮明に覚えています。

僕が育った環境は、教育者一家です。

幼い頃から学業に厳しかった両親は、家業を継いで「大学で教鞭をとって欲しい」願っていました。

しかし、どうしても今まで憧れていた日本に訪れることを諦めきれず、大学院卒業後に念願の初来日。 某英会話学校の講師として、滋賀県彦根市で教え始めました。

アメリカに帰国後は、今までの指導力を支持され明治学院高等部(米テネシー州)で日本人の高校生にクリエイティブライティング(英作文を通して自分を表現する。英語で指導をし、その当時の高校生には大変人気の科目になりました。)の教科を担当

その後、大学の教員として、英文科・体育科に勤務をする傍ら、RPGのルールブックのブレーン及びエディティング、武道教本(5冊)の出版に携わり、教本中にはモデルとしても活躍しました。

そして今。

私の経験を全て盛り込み、このブラックベルトイングリッシュ道場は存在します。

この道場では、空手家としての自分と、教育者としての経験を集結させ、生徒一人ひとりの実力を引き出す手助けをさせていただきます。私は、その理念に対しては努力を惜しまず、又、生徒が成長をする事を共に喜び合う事が人生の目標でもあります。

と、頭は冷静な僕ですが、心は「陽だまりの様に」温かいのですヨ!
どうぞよろしくお願いします。

 

ブラックベルトイングリッシュのユニークな教え方

『外国語習得』の一番のキーポイントは本人の『動機(なぜ英語を習得したいか?)』と『やる気(やっていて楽しいかどうか)』です。従って、あなたが(ORあなたのお子様が)英語を学ばれる時、自分自身の事を英語で表現したり、又、『こんな時は英語で何というのだろう?』という疑問を持たれる時が、即戦力のある英語を身に付けるチャンスです。

ロバートは生徒の日常生活に耳を傾け、その内容を取り入れながら英語を展開していくユニークな方法をとっています。又、ネイティブの良さと、ノンネイティブ講師(日本人)の両方の良さを認め、発音や会話はアメリカ人よる本場の英語で。

そして、日本語でしか表現できない疑問に答え、時折感じる不安をくみ取れるのは、日本人アシスタントによって解決される『チームティーチメソッド』を起用しているのもユニークなスタイルの一つです。

 

どんな人がブラックベルトイングリッシュの生徒なの?

・小学1年(当時)で英検準2級に合格した小学生
・アメリカで開催されるドッグショーで優勝を重ねているペットグルーマー
・(某)英語学校職員(現役)
・ ロボカップ日本代表(当時小6)
・ 小学校教諭(現役)
・留学した時困らないようにという女子高校生。
・綺麗な発音で歌いたいセミプロ・ジャズシンガー。
・海外生活の英語力をキープしたい主婦。
・「目標はガイド無しで主人を海外に連れて行く」という主婦。・
・「英語は嫌やけど空手系やゲーム系の英語ならOKや!」という中学2年野球部。

・アメリカ人の友達とのコミュニケーションを円滑にしたい。
 しかも自分らしく、冗談や軽いノリで話したい美容師の男性。

・ 空手と英会話を習いたいと思っていたけど、
 両方している所があってびっくりした50代男性会社員。

など、多様な生徒さんが在籍しています。

 

その他の活動

・旭森小学校夏休み英語教室
・佐和山小学校PTA主催 ウィークエンドクラブ『空手inイングリッシュ』
・フィットウィル彦根『楽しい英会話』(平成21年4月〜平成23年9月)
・フィットウィル彦根『空手inイングリッシュ』(平成20年7月〜平成23年9月)
・ブラックベルトイングリッシュ空手inイングリッシュコース(幼稚園児〜)
・ブラックベルトイングリッシュ英会話コース(幼稚園児〜)
ほか

 

アシスタント講師:ノット智恵(チエ)

ブラックベルトイングリッシュ シニアアシスタント

滋賀県彦根市出身。

最終学歴:アメリカ・カタバ大学卒(ビジネス専攻)。

こんにちは、ノット智恵です。

ブラックベルトイングリッシュ代表、ロバートノットの妻です。

運営事務を預かり必要に応じて資料の翻訳・通訳をしたり、授業中は空手、英会話を問わず日本人補助として入っています。

生徒さんからのお電話やメールは、私が応対しています。

私の出身は滋賀県彦根市ですが、地元の高校を卒業後(勉強嫌いで苦労しました)単身でアメリカへ渡りました。アメリカ生活歴は合計で14年です。

アメリカに住んでいた頃は、ロバート(夫)の昇進の度に転居・転職を余儀なくされました。

でもそのお陰で、レストランでのウエイトレスから、製造業(通訳・翻訳)・保険・金融業までありとあらゆる職種を(第二言語である英語で)経験する事が出来ました。

又、勤務に就く傍ら大学に通い、(遅咲きではありますが)アメリカノースカロライナ州のCatawba大学を主席で卒業しました。

4年で卒業したものの、卒業時は35歳。大和(長男)を妊娠中で臨月でした(汗・汗)。

主な職歴は、

・David's Hair Salon(美容師です。アメリカ・ユタ州の理・美容師免許持ってます)

・Denso(製造業にて通訳・翻訳)

・LifeSpan(ノースカロライナ州にある障害者グループホーム支援事業にて、人事補佐)

・Salisbury Academy (ノースカロライナ州の幼〜中一貫教育の私立校にて一般事務)

・Catawbaカレッジ(ノースカロライナ州の大学。ファイナンシャルエイド課)

・Michigan州立大学(ミシガン州本校より彦根市にあるJCMUへ出向を命じられる。学生課)

です。

自分で言うのは変かもしれませんが、私のユニークさは『全く英語に縁が無い女の子が、地元のアメリカ人と肩を並べて仕事をするまでになった経緯を知っている』事なのだと思っています。

そのため、私はネイティブの講師の補助として『ひらがなしか発音出来ない顔の筋肉を使って、どのようにネイティブに近い英語の発音をするか』など、英語が(かつて)全く話せなかった日本人だからこそ出来る助言をします。

生徒の中では、『まさに裏口入学的な英会話だ!』と断言する人もいる程です!

体験レッスン&見学は大歓迎です! 今すぐフォームか、お電話(0749-29-1338)で!

ENGLISH BLOG


産経新聞朝刊にて当教室・ロバートが取り上げられました
産経新聞朝刊にて当教室・ロバートが取り上げられました

ロバートが滋賀県立大学様で講義をさせていただきました




主なマスコミ掲載履歴

英会話情報誌として著名なアルク社『こども英語ジャーナル』誌にて「リーダーシップの力を育成する道場」として取り上げていただきました。


ダダ・ジャーナル様に取材していただいた記事(WEB版)はこちらからもお読みいただけます。


イベント開催レポートを掲載しています!

生徒さんたちを集めてアメリカ人のディナーを楽しんでいただくイベント「ノット家の夕食」を開催しました。

毎年恒例の鏡開き。今年も大盛況でした!

こちらも恒例のボーリング大会。今年は70名と盛況でした!


ユーザーレビュー

フィットウィルでロバート先生に英会話を習っていて、ロバート先生が私たちにわかりやすい様、ゆっくりやさしい言葉(英語)を使って話して下さることがありがったかったです。ロバート先生の英語が本場のもので、本場の英語を聞き取ったり、少しでも綺麗な発音でしゃべったりできるかなと。一方で、ロバート先生は日本語が少ししか通じない所の不安は、智恵先生がいてくださる(サポートが必要な時にはきます)という事で安心しました。そこも大きいです。(小学校教員さまより)

こちらの空手教室に通うようになってから、肩こりが和らぎ又、善玉コレステロールの数が増えました。(悪玉は、食事で減らせるけど善玉を増やすのは運動しかないそうです。)私は、ひどい腰痛で今でも京都の病院に注射に通っていますが、マイペースでがんばりたいと思います。主人は、すごく楽しいらしくて毎週水曜日が待ちきれないそうです。(47歳主婦さまより)

英会話に通うようになってから、私の灰色だった毎日が一変して凄く楽しくなりました。今までも英会話には興味があったのですが、(大手の学校の)料金の事や、教室の雰囲気などで自分が行きたいと思うところがありませんでした。でも、ロバート先生は、私のジョークにも笑ってくれて、智恵さんの突っ込みも分かりやすいし、友達や家族にも勧めています。テキストを使わず、自分の趣味とか話したい事を尊重してくれるのも嬉しかったです。(31歳会社員さまより)

いつもお世話になりありがとうございますm(_ _)mスイミングは休んでも、英語は行きたいと言うほど、本当に楽しんで教室に行かせてもらっています。家でちょこちょこ、習ってきたことを聞いてみたりしますが、単語だけでなく文が出てきたりしてビックリしています。うるさいと思いますが、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m(小学6年生男子の母さんより)

今までも英会話には興味があったのですが、(大手の学校の)料金の事や、教室の雰囲気などで自分が行きたいと思うところがありませんでした。でも、ロバート先生は、私のジョークにも笑ってくれて、智恵さんの突っ込みも分かりやすいし、友達や家族にも勧めています。テキストを使わず、自分の趣味とか話したい事を尊重してくれるのも嬉しかったです。(会社員さんより)


入会前のあなたへ

各種お問い合わせ

アクセス詳細

運営団体について

公式ブログ

求人案内