滋賀県彦根市の英会話&空手教室。講師の経験量と授業の質が物語る継続率の高さ 生徒さんの活躍や実績がわたしたちの誇りです。 滋賀県彦根の英会話&空手教室 | ブラックベルトイングリッシュ
ブラックベルト・イングリッシュの授業風景
見学や体験レッスン受付中です

ブラックベルトイングリッシュがTV(情報番組)で取り上げられました

こんなに多くの英語授業、英語塾、英会話学校があるのに、英語を話せる日本人がなぜ増えないのか?

滋賀県彦根市で空手教室、英会話教室を運営している、ブラックベルト・イングリッシュの代表兼トレーナー、ロバート・ノットです。

突然ですが、あなたは日本人の英会話能力(リスニング&スピーキング)が、アジア諸国の中で最下位だというリサーチ結果をご存知でしたか?(出典:明治大学2007年)

これだけ小・中・高校での英語教育が熱心に行われていて、英語塾、英会話学校、英会話教材が氾濫しているにもかかわらず、なぜこのような結果になったのか?

語学習得の上で一番大切なのは、「Motivation−やる気」です。
すなわち、「英語が話せるようになって、**したい!」という自発的な情熱。

残念な事に、英会話教室(教科書に沿い、一方的に教えるスタイル)、テストにパスする事を目標とする学校や英語塾では、お決まりの言い回しや、一定レベルの知識まではつきますが、自分自身の言葉で思いや意見を表現するまでは、なかなか手が届きません。

結局、英語の知識はあるのに(長年勉強したのに)使いこなせない or 使う場が無い。

もったいないと思いませんか?

だからこそ、ブラックベルト・イングリッシュでは、「英語を学ぶ」という目的から一歩踏み出し、英語をコミュニケーションの道具として使いながら、武道を学んだり、ゲームに没頭したり、そして見聞を深めたりと、「知っている英語を使って、その他の事を学ぶ(ORコミュニケーションを取る)」というスタンスを取っています。

そして、私達の方針は、英語を実践するための「場を提供する」と言う事です。すなわち、自分の意思を英語で表現できる場。英語を一方的に教えると言う場所ではありません。

だから、飽きずに、苦痛を伴わず、挫折する事無く、英会話スキルを養う事が出来ます。

 

ブラックベルト・イングリッシュが教える空手の流派

ブラックベルト・イングリッシュで教えている空手の流派は『自然流武道®』といいます。

自然流武道®は、空手道・テコンドウ・功夫(カンフー)・合気道(ハップキドウ)・ターゲットトレーニングをはじめとする複数の武道(術)の技を取り入れた、武道の新しいトレーニングスタイルです。

自然流武道にて黒帯(初段)へ昇格する頃には、総合的な武道の基礎能力、及び高い実践効果のあるセルフプロテクションの技量が身に付きます。

又、道場での鍛錬を通して成功者として生きる知恵を身に付け、各個人及び卒業生が最高に幸せで最も健康的な人生を送れる事を目標としています。

自然流武道にて昇格すると、都度帯の色が変わります。昇格には、各個人が(本人の)成長及び変化を遂げた事を明確に示し、師範から認められた時点で昇格試験出席を推薦されます。昇格推薦のクライテリアとして『(次の帯の)必須項目が出来るか?』『今までの必須項目は、次のレベルで出来るか?』『前の試験時に比べ、今の自分は人間的に成長をしているか?』などがあげられます。決して、『稽古に出席をしている回数、年数』及び『技が出来るかどうか(運動技能)』だけで昇格する事はありません。

又、自然流武道は自分自身のための武道です。稽古を始めるにあたり年齢の上限はありません。なぜならば、自然流武道は繰り返し訓練を積み重ねても身体にダメージを与えない様に、体の仕組みや動き方を理解した上でのトレーニングスタイルだからです。又、道場内では自他の違いを認め、互いに尊敬しあい、そして自分の強みを最大限に活用する武道本来の原則を尊重しています。従って、勝敗試合とは全く無縁です。

初級及び中級者の稽古項目は大きく3つに分けられます。

1. 型(基本型・平安型)
型とは、空手の練習形式で、各種の技を決まった順序で訓練します。多くの型は一人で行います。型の稽古に取り組むことにより、正しい技の出し方を理解する事が出来るだけではなく、独特の身体動作を身に付ける事、又それを組手及びセルフプロテクションへの実践応用(分解)を理解する事です。

2. 蹴り(テコンドウ)
自然流武道では、テコンドウの蹴り方を取り入れています。脚力のみで蹴るのではなく自分の持てる100%の力を出し切るために、体全身を使い蹴る方法を学びます。

3. ターゲットトレーニング
自然流武道はターゲットトレーニングを取り入れています。ターゲットトレーニングとは、『人間の権利が侵害される』や『生死が問われる』などの極限状態下で、そこから生き残るチャンスを上げるために『具体的にするべき事』や『考え方』をトレーニングする方法です。万人の体の仕組みや動きがどの様に共通するかを理解する事により、相手のサイズや置かれた状況を選ばず効果を発揮します。個別に積む『型』の稽古や『蹴り』の稽古をターゲットトレーニングを用いた実践の場に使えるようになる事が最終目標です。

ターゲットトレーニングを稽古する方法は次の二つがあります。
1.スパーリング(組手―飛んできた物に対しての護身)
パンチや蹴りが飛んできた時の守り及び攻撃。勝敗が決まる試合組手はありません。お互いが学びあうWin−Winのコンセプトを大切にしています。

2.マットディフェンス(掴まれた時にに対しての護身) 
受け身、掴まれた時の護身、掴んでの攻撃、投げ技、関節技、拳銃に対する対処、その他武器に対する対処など。

人間教育としての自然流武道(内面の成長)
道場では、自己肯定感(自分自身の存在を長所だけではなく短所も含めて肯定する感覚)を高め合う事を大切にしています。安全な道場、そして信頼する師範のもとで、『成功体験』と『学ぶ経験』を繰り返す事により、一人ひとりの心に自信の根をはるのが道場の役目です。そしてその自信はいつか道場内だけではなく、個々の学校・社会生活・家庭生活までにも変革を起こします。

又、自然流武道の稽古を通して自分の状態を管理する大切さを学びます。板割りへの挑戦や、技のデモンストレーション、又、英語で発言をするという機会を使って、心と体の状態の管理をし、さらに『自分を信じて行動をする』訓練を積むことにより、器の大きい人間を育成する人格教育です。

自然流武道中級者以上には、『リーダーの在り方』や『リーダーシップの発揮の仕方』などを学べるリーダーシップ教育を受け、実戦に移す場も設けています。

自然流武道は年齢や健康状態に関係なく「今から」始める事ができます。なぜなら、自然流武道は自分自身と向き合いそして成長をして行く一つの方法だからです。(「空手をやっていてよかった!」の実践レポートも、ぜひ参考にされてください)

 

英会話講師が習いに来る、ブラックベルト・イングリッシュの特徴とは?

英語を使う場を提供するから、一石二鳥の成果をあげられます。

冒頭でもお話ししましたが、これだけ小・中・高校の英語教育、英語塾、英会話学校が氾濫しているにもかかわらず、日本人の英会話能力(リスニング&スピーキング)は、アジア諸国の中で最下位に位置するというリサーチ結果があります。

わたしたちは、その原因の一つとして、「日本では、英語を学ぶ場は多くあっても、使う場が無い」というところにあると考えています。だからこそ、ブラックベルトイングリッシュ道場でのコミュニケーションは、基本的に全て英語で行なっています。

耳から入る英語を行動に移すことにより、外国語特有の音を聞き取り、理解し、発音できるようになります。英語を習うだけではなく、実践をする場所でもある空手道場では、さらに一歩踏み出た能力を養う事が出来ます。

 

アメリカの文化事情に精通した2人が教えるので、極めて実際的な英語が学べます。

わたしたちは、アメリカの大学で10年にわたって教育に携わってきました。だからこそ、日本でしか生活をしたことのない英会話教師とは、一味もふた味も異なる極めて実際的な英会話スキルを提供することができると考えています。

世界各国から来た学生を教えると共に、わたし達も多くの事を学びました。豊かなインターナショナル経験をわたしたちだからこそ可能な指導方法で、あなたの英会話スキルを最速で高めていけると信じています。

体験レッスン&見学は大歓迎です! 今すぐフォームか、お電話(0749-29-1338)で!

ブラックベルト・イングリッシュ公式HP〜主なコンテンツ

ブラックベルト・イングリッシュで講師を担当するトレーナーのご紹介

ブラックベルトイングリッシュが提供中のレッスンメニュー

英語で空手をレッスンする『空手 in English』

中高生・社会人向けの英会話習得コース『英会話 4 YOU』

キッズ向けの英会話コース『Play & Talk』

ブラックベルト・イングリッシュの授業スケジュール

英会話・空手をレッスンしている生徒さんから寄せられた声

体験レッスン&教室見学を希望される方へ

英会話・空手をレッスンされる方からの、よくあるご質問

ご入会前に知っておいていただきたいことについて

ブラックベルト・イングリッシュへの来場方法

動画ファイル

ブラックベルトイングリッシュの教室紹介ビデオです。ぜひご覧になってみてください。

再生時には音が出ます。音量にご注意ください。

ENGLISH BLOG


産経新聞朝刊にて当教室・ロバートが取り上げられました
産経新聞朝刊にて当教室・ロバートが取り上げられました

ロバートが滋賀県立大学様で講義をさせていただきました




主なマスコミ掲載履歴

英会話情報誌として著名なアルク社『こども英語ジャーナル』誌にて「リーダーシップの力を育成する道場」として取り上げていただきました。


ダダ・ジャーナル様に取材していただいた記事(WEB版)はこちらからもお読みいただけます。


イベント開催レポートを掲載しています!

生徒さんたちを集めてアメリカ人のディナーを楽しんでいただくイベント「ノット家の夕食」を開催しました。

毎年恒例の鏡開き。今年も大盛況でした!

こちらも恒例のボーリング大会。今年は70名と盛況でした!


ユーザーレビュー

フィットウィルでロバート先生に英会話を習っていて、ロバート先生が私たちにわかりやすい様、ゆっくりやさしい言葉(英語)を使って話して下さることがありがったかったです。ロバート先生の英語が本場のもので、本場の英語を聞き取ったり、少しでも綺麗な発音でしゃべったりできるかなと。一方で、ロバート先生は日本語が少ししか通じない所の不安は、智恵先生がいてくださる(サポートが必要な時にはきます)という事で安心しました。そこも大きいです。(小学校教員さまより)

こちらの空手教室に通うようになってから、肩こりが和らぎ又、善玉コレステロールの数が増えました。(悪玉は、食事で減らせるけど善玉を増やすのは運動しかないそうです。)私は、ひどい腰痛で今でも京都の病院に注射に通っていますが、マイペースでがんばりたいと思います。主人は、すごく楽しいらしくて毎週水曜日が待ちきれないそうです。(47歳主婦さまより)

英会話に通うようになってから、私の灰色だった毎日が一変して凄く楽しくなりました。今までも英会話には興味があったのですが、(大手の学校の)料金の事や、教室の雰囲気などで自分が行きたいと思うところがありませんでした。でも、ロバート先生は、私のジョークにも笑ってくれて、智恵さんの突っ込みも分かりやすいし、友達や家族にも勧めています。テキストを使わず、自分の趣味とか話したい事を尊重してくれるのも嬉しかったです。(31歳会社員さまより)

いつもお世話になりありがとうございますm(_ _)mスイミングは休んでも、英語は行きたいと言うほど、本当に楽しんで教室に行かせてもらっています。家でちょこちょこ、習ってきたことを聞いてみたりしますが、単語だけでなく文が出てきたりしてビックリしています。うるさいと思いますが、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m(小学6年生男子の母さんより)

今までも英会話には興味があったのですが、(大手の学校の)料金の事や、教室の雰囲気などで自分が行きたいと思うところがありませんでした。でも、ロバート先生は、私のジョークにも笑ってくれて、智恵さんの突っ込みも分かりやすいし、友達や家族にも勧めています。テキストを使わず、自分の趣味とか話したい事を尊重してくれるのも嬉しかったです。(会社員さんより)


入会前のあなたへ

各種お問い合わせ

アクセス詳細

運営団体について

公式ブログ

求人案内